2011年11月15日

iPhone/iPodTouch用スライド式Bluetoothミニキーボード

2011102822320000.jpg



¥2,180とお手頃だったので買ってみた。iPodTouch用に



「iPhone4専用」と書かれてはいたけど、第4世代のカメラ付きiPodTouchでも使用可能でした。但し、天地のサイズはiPodTouch若干小さいので、下部にちょっとだけスペースが空く(カメラの位置の関係上、上端を合わせるのが良いので)それと電源ボタンとボリューム下げるボタンが押しにくい。
それ以外は概ね満足。iPhone/iPodTouchはフリック入力の技を磨くべきなのかもしれないんだけど、普通にマックを使ってる時はキーボードでのローマ字打ちなので、その入力方法のまま、機械的なタッチで打てるのは気持ちよい。

USBによる充電式。
厚みは2.5倍くらいになるね(第4世代iPodTouch)
スライドは値段相応。いずれ壊れそう。。でもスライドが壊れても、ミニキーボードとしては使えるだろうし。
電源スイッチは固くて不便。
裏面の質感は悪くない。
第1世代iPodTouchでも試してみたが、幅が大きいので入らなかった。

2千円台で値段相応とも言えるのかもしれないけど、小さくても「押した実感」があるというのは良いものです。iPodTouchでの文字打ちも、億劫にならずに出来そうです。


以下、備忘録
・日/英などキーボード種類の切換は「fn + Search(虫メガネ)」
・タッチキーボードの表示/非表示の切換は「fn + Space」
・「□」、ホームボタン
・「fSearch(虫メガネ)」、検索画面へ


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by ab at 05:13| 日記

2009年08月28日

20代読者が持っている、血液型へのイメージ

http://www.excite.co.jp/News/column/20090828/Cobs_ly_200908_20_4.html

A型さんのイメージ
1位 きちょうめん(神経質)……80.1% (386人)
2位 冷静……13.5% (65人)
3位 負けず嫌い……6.4% (31人)

続いてB型さんのイメージ
1位 マイペース……69.7% (336人)
2位 個性的……26.8% (129人)
3位 お人よし……3.5% (17人)

次はO型さんのイメージです
1位 八方美人……49.0% (236人)
2位 世話焼き……32.0% (154人)
3位 親分肌(リーダーシップ)……19.1% (92人)

最後に、AB型のイメージです。
1位 変わり者……47.7% (230人)
2位 二面性……37.8% (182人)
3位 合理主義……14.5% (70人)
「変わり者」が一番多いイメージでした。「趣味やこだわりが狭く深い!」、「独特の世界観を持っていて、ミステリアスな人だな〜と思うことが多い」との評価でした。中には、「ブラックのコーヒーにコーラを混ぜて飲むのがおいしいといっていたから」という仰天な意見も。3位に入った合理主義には、「話し方が論理的であるため」という意見が集まりました。


こういう調査では、必ずAB型がオチに使われますよねえ。それすらも誇らしいAB型です。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by ab at 12:26| 日記

2009年08月15日

涼宮ハルヒの順番

67253ca0.jpg

マンガ版ではまった涼宮ハルヒの順番の憂鬱、SFとしてもかなり面白くてびっくりした。


元々は小説版があって、その後にマンガとアニメが派生したハルヒ。先日アニメ版も再放送という形で再開したが、自分のペースで読めるわけでもなく見なくなっていたが、再放送ではなく新作のニュースが。
http://www.j-cast.com/2009/05/22041673.html
涼宮ハルヒの憂鬱:3年ぶり新作放送、再放送8話目に「笹の葉ラプソディ」
エピソード「笹の葉ラプソディ」が収録されたライトノベル「涼宮ハルヒの退屈」
 4月からテレ玉(テレビ埼玉)などUHF局で再放送されているアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で21日深夜、オリジナルのエピソード「笹の葉ラプソディ」が放送された。約3年ぶりの新作。
 「涼宮ハルヒの憂鬱」は、角川スニーカー文庫から出版されている谷川流(たにがわ・ながる)さんのライトノベルが原作。変わったことや不思議な現象に目のない美少女・涼宮ハルヒのとっぴな行動に同級生のキョンら仲間たちが振り回され、不思議な出来事が次々と起こる……というSFコメディー。
 「笹の葉ラプソディ」は、ハルヒとキョンが高校に入学する3年前に実は出会っていた……というエピソードで、再放送8回目に突然放送された。オリジナルのテレビシリーズは全14話で、今回は全28話の放送を予定しているという。「笹の葉ラプソディ」は、原作ライトノベルの「涼宮ハルヒの退屈」に収録されている


アニメでは新作らしいが、マンガ版で読んでたな。
マンガだけで良いきもしてきたが、かなり端折ってる印象も受けるので、小説版もしっかり読み通したいが、マンガと小説とアニメをどういう順番で踏破していけばよいものやら。


今回の笹の葉ラプソディ、マンガ版単行本おっかけ派としても、微妙に忘れかけてる部分を思い出させてくれてよかった。





Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by ab at 04:13| 日記

2008年08月15日

Flashのドローイング

1461bf29.jpgマウスの動きに反応するアクションペインティング。
http://www.jacksonpollock.org/

カラーチェンジはマウスクリック。
ハネたり飛んだり、ためると太くなったりと凄く感覚的で気持ちいい。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by ab at 06:39| Comment(0) | 日記

2007年02月01日

おおきく振りかぶって、アニメ化





http://www.oofuri.com/

う〜む、これは絶対にマンガで完結すべきマンガなんだけどなあ。現代日本の最高の高校野球マンガ。しかも連載中(アフタヌーンという月刊誌なので、一試合に一年くらいかかる。しかもまだ高校一年の夏大会w)
でも三橋(AB型)がどんな風に喋るか聞いてみてえ。

posted by ab at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月20日

宣伝・広報・広告・デザイン業界:専門用語辞典

dic_logo2.gif

宣伝部や広報部・広告・デザイン業界でよく使われる用語を集めた専門用語辞典です。
webや新しいメディアの用語も随時追加していきます。
どうぞお役立てください。
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html
posted by ab at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月10日

類友

きのう一緒にランチ食った4人のうち、
私も含めて3人がAB型だと発覚。mixiのプロフで判明。

一人は、言われてみればABっぽいかもな〜という人だったが、
もう一人は全然ABっぽくなく感じていたので、すごく驚いた。
posted by ab at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

レッズ

遅くなりましたが、浦和レッズの初優勝おめでとうございます。J1黎明期には「万が一にでも負けたら恥」と言わしめられたお荷物チームが、優勝まで登りつめたこと、それは「悪魔」とも呼ばれる熱狂的なサポーターが導いたことであることを、ウィキを参考に歴史を振り返ってみよう
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA

・1993年の両ステージ、1994年の第1ステージ(サントリーシリーズ)と3期連続最下位となり、年間順位でも2年連続最下位という惨憺たる成績。ガンバ大阪や名古屋グランパスとともに、「Jリーグのお荷物」などと呼ばれてしまう。
・1995年の第1ステージ(サントリーシリーズ)では3位になった。「ミスターレッズ」の愛称を持つ福田正博が日本人初のJリーグ得点王となった。
PKでの得点が多いという非難もあったが、フェアプレイを基調とし倒れない福田を止めるにはファールするしかないという背景もあった。
・1996年は、第22節で首位に立ったが、最終的には6位
・1999年には、まさかのJ2へ降格した。
中継のアナウンサーの「もしこの世に神がいるならば(初めての)J2に落ちても絶対にへこたれないチームを選んだと思いたい」という台詞が忘れられない(うろ覚え)
・浦和のJ2降格は翌2000年のJリーグ全体、とりわけJ1リーグ関係の経営収支にも潜在的に悪影響を与えたとも言われている。一方でJ2の試合では多くのレッズサポーターが遠征を行ったことで観客動員数が増加し、各J2クラブに大きな刺激を与えた。
・2000年シーズンでJ2の2位となり、J1へ復帰。3位大分との勝ち点差はわずか1点。最終節の延長前半5分に土橋正樹のVゴールでようやく勝利するという際どさであった
・2003年 - 福田正博の引退試合。11月、再びナビスコ杯の決勝で鹿島アントラーズと対戦。4-0の圧勝でリベンジを果たし、悲願のタイトルを獲得。
・2004年、悲願のステージ優勝を決め、翌年より1シーズン制となるためこの年が最後となるサントリーチャンピオンシップ出場権を獲得した。の試合では、新聞紙290年相当分(約20トン)の紙吹雪を試合開始前に散らすという「史上最大の紙吹雪作戦」が展開。優勝決定直後には浦和駅周辺などで一部の熱狂的サポーターが発煙筒を炊いたり、バイクでパレードをするなど、過熱化した大騒ぎとなったが、幸いにも怪我人や逮捕者は出なかった。
・2006年12月2日、シーズン最終節を首位で迎えたレッズは、2位のガンバ大阪との直接対決。勝ち又は引き分け、若しくは得失点差が2点差以内の負け」で優勝という条件の下、先制されながらもポンテとワシントンの2得点でこの直接対決を3-2で制し、初のJリーグ年間王者に輝いた。J2降格経験チームのJリーグ年間王者は初めてである。またこの試合ではリーグ戦史上最多観客動員となる62,241人を記録。

・概して浦和レッズのファンの間では1人1人が自分のお金を払いクラブの運営を支えているという意識が高い。グッズ直売店であるレッドボルテージは毎ホームゲーム開催日にレジに長蛇の列ができるほどの盛況。
posted by ab at 02:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年12月06日

AB型の

AB型にまつわる色んなよた話を
きまぐれに書いていくつもりです〜
posted by ab at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記